大手ハウスメーカー依頼のポイント

高性能な設備を割安で導入できる可能性

注文住宅の良さは間取りや設備などを住宅を購入する側が自由に決められるところでしょう。分譲マンションや建売だと買うときに間取りなどがすべて決まっているので、多少妥協して選ぶ必要があります。ただし注文住宅は建売住宅に比べると価格が高くなりがちで、自由に決めようとしても予算の関係でグレードを下げないといけない等の問題も出てきます。そこで検討したいのが大手ハウスメーカーに依頼する方法です。大手メーカーは設備が規格化されているので各設備を割安で設置できるメリットがあります。注文主は希望の間取りと希望の設備を伝えるだけで、後はそれが叶うよう規格化された設備を組合せてもらうと良いでしょう。モデルハウスもたくさんあるでしょうから、それらを見ながら検討できるのもメリットです。

どこまでこだわるかを考える

注文住宅は一から注文主が家造りに関われる家の買い方になります。しかし多くの注文主は建築の素人なので、設計などを自分でするわけにはいかず建築のプロに頼らざるを得ません。全ての希望が叶うわけでもないので、一から造れると言ってもそれなりに妥協しないといけないときもあるでしょう。一から造るに当たってとにかく細かい部分までこだわりたいと考えるなら個人の設計士や地元の工務店に依頼した方がいいでしょう。多くの人が知っている大手ハウスメーカーは間取りなどの組み合わせは自由にできますが、各部品を細かく変更したりするのはあまり得意ではないためです。個人の設計士や地元の工務店なら、素人でも家造りに参加しやすくなります。

建売住宅の販売が伸びているのは、ハウスメーカーやディベロッパーの努力の結果です。ユーザー目線の徹底が奏効しているといえるでしょう。